ミャンマー産 レインボームーンストーン シルバーリング [SRJD-170]

ミャンマー産 レインボームーンストーン シルバーリング [SRJD-170]
在庫なし
お問い合わせ
リングサイズ:11号 (SILVER 925)

使用石:ミャンマー産 レインボームーンストーン
      0.18ct ファセット ラウンドカット
      3.9mm×3.9mm

スリランカと並んで様々な宝石を産出するミャンマー・モゴックで
産出された美しいシラーを見せるレインボームーンストーンを使用した
シルバーリングとなっています。

ムーンストーンは、長石類の中でも最も人気が高く、多くの種類と
カラーバリエーションを持つ半貴石となっています。
中でもブルームーンストーンは、採掘量が少ない上に非常に人気が
高い石であるが故、多くの代用石が存在している事は知られています。
ホワイトラブラドライトやペリステライトなどはその代表格とも言え、
これらの石を含んだ総称がブルームーンストーンとも言われるほどに
殆ど本来のブルームーンストーンは見られません。
まずほぼ全ての既成リングやペンダントトップが上記の石のうちの
どちらかであるとも言えます。

このムーンストーンですが、属する長石類は、種類が多く成分の割合が
微妙に異なることで別の鉱物として扱われます。
その最たる特徴であるイリデッセンスは、ムーンストーンではシラーと
呼ばれており、効果のメカニズムは、長石類が持つラメラ構造が
関係しています。
長石類が持つラメラ構造とは、異なる2種類の長石が順番に薄く層を成し
何層にも積み重なる事で生じる特有の現象で、長石の主体となるアルバイト、
アノーサイト、オーソクレースという3つの長石と他の長石の組み合わせに
よるものとなっています。

ベースのシルバーシラーに淡く多色のパステルカラーの色合いが乗った
レインボームーンストーンの可愛いラウンドを使用したシルバーリングと
なっています。
一般的に流通するレインボームーンストーンは、ラブラドライトと
なっていますが、こちらは正真正銘のムーンストーンとなっています。
淡いホワイトの地色にシルバーのシラーが入り、パステルカラーの
色合いがうっすらと乗っています。
小さなラウンドを生かして花びらのように6本の丸い爪で包み込んだ
スタイルのリングとなっています。
ガードルを全て包み込んでいるので花のような繊細な見た目に反して
とても強固で引っかかりにくく使いやすいリングになっています。
光の取り込みをしっかりと得るために裏抜きはもちろんサイドにも
窓を入れて石の発色を殺さないのもこのデザインの特徴となっています。
また、アームの内側にはSILVERと石の大きさを示すカラット数の刻印が
施されています。