ブラジル産 クリアクォーツ フラワーカット(甲府カット)マクラメペンダント [PTMA-63]

ブラジル産 クリアクォーツ フラワーカット(甲府カット)マクラメペンダント [PTMA-63]
在庫なし
お問い合わせ
使用石:ブラジル産 クリアクォーツ フラワーカット 甲府カット 
     17mm×17mm×11mm 2.9g 1石  
     ブラジル産 クリアクォーツ 64面カットビーズ 6mm 2粒

     紐の長さ:70cm(ウッドビーズで長さを調節可能)

ブラジル産のインクルージョンが全く見られない上質なクォーツを
山梨県・甲府にてフラワー型に特殊カットしたルースをシンプルに
編み上げたマクラメペンダントとなっています。

山梨県・甲府は古くから宝石研磨加工の職人が多く世界的にも
その技術の高さで有名な地域でした。
近年では、その加工の技術が低賃金の東南アジアへと流出し
研磨加工の職人も激減してしまいました。
現在は、研磨加工の町としての名残を残し多くの石に関連した
業者が宝石を扱う町となっています。
研磨技術に関しては、世界でも屈指の技術を持ち、日本独自の
カットデザインなど安価な工芸品とは仕上がりの高さが一見で
判断が出来るほどとなっています。

内包物の見られない上質なブラジル産のクォーツを山梨にて
カット研磨したフラワー型の特殊カットルースとなっています。
カットに山梨の伝統工芸である甲州切子のテイストを組み入れた
フラワー型のカットとなっており、キラキラと強い煌めきと放つ
美しいルースを使用しています。
かつて職人が研磨したデットストックとなっている為、近年の
加工賃には見合わない価格となっていますが、研磨の仕上がりは
しっかりと甲府らしい美しいカットが施されています。
現状では、出回っていないカットとなっており、甲州切子と
日本の美を受け継ぐ美しいクォーツとなっています。
このフラワーカットのクォーツを、細いチョコレートブラウンの
ワックスコードを使用してシンプルに編み上げたペンダントと
なっています。
隙間のある透かしフレーム編みしたスタイルとなっており、
出来るだけ光を取り込み乱反射を促す編み込みを施してあります。
首紐部分は、同色のワックスコードを使って編み上げており
エンドには、クリアクォーツ、長さ調節はウッドビーズを
使った仕様になっています。