パキスタン産 オイルinクォーツ マクラメペンダント [PTMA-64]

パキスタン産 オイルinクォーツ マクラメペンダント [PTMA-64]
在庫なし
お問い合わせ
使用石:パキスタン産 オイルinクォーツ  
     22mm×21mm×7mm 5.3g 1石  
     ブラジル産 クリアクォーツ ラウンドビーズ 6mm 2粒
     ブラジル産 クリアクォーツ ボタンカットビーズ 5×3mm 2粒

     紐の長さ:70cm(ウッドビーズで長さを調節可能)

紫外線で蛍光するオイルを内包したパキスタン産のクォーツを
シンプルに編み上げたマクラメペンダントとなっています。

パキスタンは、アクアマリンなど貴石の産地として有名ですが、
水晶も産出されており、ファーデンなどは特に有名です。
他にも、様々な地域でクォーツが産出されており、中でも
アメリカ・NY産のハーキマーダイヤモンドにとても良く似た
ダイヤモンドクォーツやパキスタン側のヒマラヤクォーツなど
様々なクォーツが産出されています。

使用するクォーツは、内部に蛍光性のオイルを内包したものと
なっており、オイル入りクォーツはパキスタンでもいくつかの
地域で産出されています。
最大の魅力は、オイルの強い蛍光性ですがオイルが多く含まれた
地色が黄色いタイプや一見すると何も内包されていないように
見えるが紫外線を当てると内部に小さな星が光ったように
小さくオイルが内包されたもの、内部に気泡も内包されたもの等、
いくつかのバリエーションが見られます。
産地などによりパターンは分かれますが、ワジリスタンや
バルキスタンなどが主な産地となっています。

こちらは、一見すると何も入っていないように見える透明感と
光沢感の高い薄く平たい形をしたクォーツを編み込んだタイプと
なっています。
一見しただけではオイルは確認出来ませんが、紫外線を当てると
内部に小さく星が光ります。
このクォーツを、細いチョコレートブラウンのワックスコードを
使用してシンプルに編み上げたペンダントとなっています。
隙間のある透かしフレーム編みしたスタイルとなっており、
出来るだけ光を取り込めるスタイルに編み上げてあります。
首紐部分は、同色のワックスコードを使って編み上げており
エンドには、クリアクォーツ、長さ調節はウッドビーズを
使った仕様になっています。