オーストラリア産 ボルダーオパール マクラメペンダント(青い稲妻) [PTMA-66]

オーストラリア産 ボルダーオパール マクラメペンダント(青い稲妻) [PTMA-66]

販売価格: 16,800円

全て一点もの
数量:
お問い合わせ
使用石:オーストラリア産 ボルダーオパール  
     25mm×19mm×9mm 29.1ct  1石
     マダガスカル産 ラブラドライト ラウンドビーズ 6mm 2粒   
     ブラジル産 クリアクォーツ ラウンドビーズ 7mm 2粒

     紐の長さ:76cm(ウッドビーズで長さを調節可能)

ブラックオパールと並び、多くのオパールの中でもトップクラスの
人気と美しさを誇るオーストラリア産のボルダーオパールを編み上げた
マクラメペンダントとなっています。

ボルダーオパールは、オーストラリアのオパールとしてはブラックや
ホワイトと並ぶ3大オパールの一つとなっています。
産地としては、オーストラリアの中でも最も有名なクィーンズランドと
なっており、ホワイトのクーパーペディやブラックのライトニングリッジ、
マトリックスのアンダムーカなどと並んで知られる産地となっています。

ボルダーオパールは、一般的なホワイトオパールなどとは全く異なり
母岩を含んだ状態で研磨されます。
母岩を成す磁鉄鉱の濃い茶褐色の色合いに映える様々なカラーの遊色が
特徴的でブラックオパールと並んで人気も高く、高級オパールとして
知られています。

産出されている事から岩又は塊というボルダーという言葉に
由来して命名されたオパールとなっています。
母岩である磁鉄鉱の濃い茶褐色の色合いに、青や緑、赤などの
イリデッセンスがとても映え、ブラックオパールと並んで
高級オパールとして知られています。
また、このボルダーという名前は、岩又は塊というボルダーという
言葉に由来して命名されたオパールとなっています。

カンテラオパールと同様にマトリックスを含んだ状態でカットされる
美しいオパールの代表とも言えるボルダーですがこちらは茶褐色の
母岩を青い稲妻が走ったようにオパール層が入ったボルダーオパールを
使用しています。
ナッツオパールにも似た雰囲気のボルダーをチャコールブラウンと
ネイビーの二色のワックスコードで石の色合いに合わせて編み上げた
ペンダントとなっています。
オパール自体は、程よい大きさで後ろ面にも遊色が見られるものを
使用しており、表面はブルーの遊色のみが見られます。
バチカン部分も少し装飾を施し、程よくボリュームを持たせた
編み込みとなっています。
首紐部分は、同色のワックスコードを使って編み上げており
エンドには、クリアクォーツとラブラドライト、長さ調節は
ウッドビーズを使った仕様になっています。