ブラジル産 ロンドンブルートパーズ シルバーリング [SRJD-177]

ブラジル産 ロンドンブルートパーズ シルバーリング [SRJD-177]

販売価格: 14,000円

オプションにより価格が変わる場合もあります。

全て一点もの
リングの種類によっては号数の限界があります。
その場合は、新たにリングを作り直しとなり、
別途料金となります事をご了承ください。
なお、サイズ直しにつきましては通常2~3週間程の
お日にちを頂きます事も合わせてご了承下さいませ。
リングのサイズ直し (任意):

販売価格: 14,000円

数量:
お問い合わせ
リングサイズ:11号(SILVER 925)

使用石:ブラジル産 ロンドンブルートパーズ
      1.72ct ファセット ラウンドカット 
      7.1mm×7.1mm
      
ブラジル産の非常に美しいロンドンブルートパーズを使用した
シルバーリングとなっています。

11月の誕生石としても知られるトパーズは、硬度が比較的高い鉱物で
屈折率や比重も比較的高く、誰もが知る鉱物の一つとなっています。。
また、研磨されルースや宝飾品として流通するブルートパーズは、
一般的には放射線により処理したものが大半となっています。
カラーバリエーションは様々ですが、ピンクやパープル、シェリーカラーや
オレンジ、ブルーなどいくつかの天然カラーの他にいくつかの処理を施した
カラーが存在します。
最も流通が見られる、ブルートパーズは、ビーズ・宝飾に限らず大半は
照射処理や加熱処理を施していますが、その色合いにより様々な呼び名で
流通しています。
有名なところでは、ロンドンブルーやスイスブルーなどが知られており、
その透明感と発色の良さ、比較的手頃な価格であることから宝飾品としての
人気もある鉱物となっています。

照射によるカラートリートメントを施されたブルートパーズの中でも、
最も特徴的と言えるロンドンブルートパーズは、この石にしか出せない
独特の美しさでトパーズの中で最も人気が高いカラーと言えます。
同じような照射処理を施したトパーズの中には、淡いスカイブルーや
少し濃いスイスブルー、最も濃いロンドンブルーなどの他に放射線の
照射ではなくチタニウム照射によるミスティックトパーズといった
カラーも作り出されています。

ブラジル産の美しいロンドンブルートパーズを石を使用しており、
コンケーブカットのようにパビリオンのファセットにRがかかった
トパーズに適したカットを国内にて施してあります。
このトパーズを国内でセッティング加工したリングとなっており、
4本ネイルでシンプルに留めた作りとなっています。
細いアームを採用し、両脇には4石ずつのホワイトメレサファイアを
あしらった作りとなっています。
石にかかる爪のトップは、ハート型が形作られており、細部に少し
可愛らしさをプラスしたデザインとなっています。
色合い、カットも非常に良く、スタイルもオーソドックスでありながら
抜群の存在感を持つリングに仕上がっています。