ペルー産 ブルーオパール シルバーリング [SRJD-182]

ペルー産 ブルーオパール シルバーリング [SRJD-182]
在庫なし
お問い合わせ
リングサイズ:11号 (SILVER 925)

使用石:マダガスカル産 グランディディエライト 
      1.21ct オーバル カボッションカット 
      8.0mm×6.1mm
      カラーレスメレサファイア 1.5mm 2石

涼やかな夏の和菓子を思わせるネオンブルーの色合いが魅力的な
ペルー産のブルーオパールを使用したシルバーリングとなっています。

オパールは、和名を蛋白石と呼び、クォーツなどと同様に珪素を
主体とする鉱物で、非常に水分が多い鉱物として知られています。
その種類は非常に多岐にわたっており、表面の色合いだけでなく
母岩となる下地の色、産地や産状などにより宝石学的に名称が
いくつにも細分されています。
コモンオパールは、オパールの最大の魅力であるとも言える
イリデッセンス(プレイ・オブ・カラー)を示さないものと
なっています。

このブルーオパールは、様々なカラーのコモンオパールを産する
ペルーで産出されたブルーオパールとなっています。
このペルーで産出されるブルーオパールは、オパール内に含まれた
クリソコラによる色合いとなっており、美しい発色が魅力的な
コモンオパールとなっています。

ぷっくりと厚みのあるオーバルカボッションを使用しており、
透明感が程よく、ムーンストーンに見られるシラーのような
光彩効果が見られる幻想的なオパールとなっています。
爽やかな淡いグリーニッシュブルーの色合いに、程よいネオン感、
インクルージョンの見られない至ってクリーンなオパールを
使用しています。
デザインは、4本の爪でシンプルに留めたスタイルで、
アームには少し装飾が施され、両脇に1石ずつメレサファイアを
あしらったデザインとなっています。
また、アームの内側にはSILVERと石の大きさを示すカラット数の
刻印が施されています。